シーケンサー画面の便利なショートカット

QWERTYキーを使ってツールを切り替えよう

MIDI編集には長い時間かかる場合があります。

そんな時にはショートカットキーを覚えるのが一番です。

音楽ソフトウェアに限らずどのソフトウェアでもショートカットキーが アサインされています。

コピー、ペースト、やり直し等々

そして頻度の高いツールのショートカットは覚えておくと

作業がしやすく そして楽しくなってきます。

インスタグラムで投稿されていたpropellerheadswのQuickTipsから紹介します。

Did you know that each tool in Reason has a counterpart tool that you can toggle between for fast editing? #ReasonQuickTip

Propellerheadさん(@propellerheadsw)が投稿した動画 –

各ツールの機能と詳細

矢印ツール:Q

各クリップの移動や長さの変更などができます。
選択して削除もできるのもこの矢印ツールです。

鉛筆ツール:W

クリップ内にイベント(ノート)を書き込むため
そして、ノートのベロシティー 値を編集もできます。

消しゴムツール:E

消しゴムツールはクリップやイベントの削除に使います

ナイフツール:R

クリップの分割に使用します

ミュートツール:T

アレンジメント内のクリップや、
ブロックオートメーション クリップのレーンをミュートします

虫眼鏡ツール:Y

アレンジメントペーンでの縦横ズームイン / アウトに使用します
ズームアウトするには[Ctrl](Win) または [Option](Mac)
眼鏡ツールの ” + ” マークが “- ” に変わります

ハンドツール:U

エディット / アレンジメントペーンをスクロールできます

 

そしてツールバーはMacではCommandキー、WindowsではAltキーを
使うと別のツールを切り替える事なく一時的に選択する事ができます。

 

通常 CMD、Ctrl
矢印ツール 鉛筆ツール
鉛筆ツール 矢印ツール
消しゴムツール 鉛筆ツール
ナイフツール 鉛筆ツール
ミュートツール ナイフツール
虫眼鏡ツール ハンドツール
ハンドツール 虫眼鏡ツール

Option/Altでズームアウト”- “

 

虫眼鏡ツールは視力が弱くなってきているので
頻度が高い(笑)のですが、一時的にハンドツール
に切り替えてポジションを変える事ができるので
編集がかなり楽になりますね!

虫眼鏡ツールの良いところとしては各クリップを
ズームイン(最大化)してから小節(横)を長く
してくれるので一つ一つのクリップが大きくて
見やすくなります。

まとめ

ショートカットを覚えると各ページにアクセス
しやすくなる一方で時間短縮につながります。

余った時間を音作りに熱中します(笑)

ファンクションキーについてはこちらの
ページでもご紹介していますので、是非
ご活用ください。