音楽を楽しむ環境を整える

40代になって音楽遊びを始める(再開する)人たちへ

若い頃にDTMにハマり、演奏できなくても曲が作れるっていうことで右往左往していましたが、私が行き着いたところは自分がしたい音楽をするには「簡単作曲法」などの教本を頼るのではなく、現存の曲をマネすることかなと方向を変えています。

20代の頃はダンスミュージックばかり聞いていたので、制作には一番とっかかりが良いかなぁと思っていましたが、実はポップスやアニメソングなどの方が入りやすい事に気付いてきました。

ダンスミュージックのリズムなどはかなり数多くサンプルが出回っており、Reasonにも数多く入っています。

しかし、それを含めて楽器を演奏するということを主体として考えると何かしらで演奏したくなります。

 

Korg社の製品とReasonの相性はとってもよい

先日Korg社のnanoPAD2を購入しました!

iPadやiPhoneでも接続できるという事で、モバイル制作を始めるにあたり活躍してくれそうなアイテムです!

iPhoneやiPadではApple社のGarage Band iOS版で使うので、Inter-AppsとしてFigureとSyncできるので、様々な角度からどこでも音遊びができるように設定中です。

 

20年前はサンプラーやアナログシンセなどの専用の機材が必要だったので、部屋のスペースをかなり取られていましたが、今後は居間でできるお父さんや子供向けの音楽制作人口が増えてゆくのかなと勝手に想像しています。

ドラムパッドの演奏方法って色々あっていくつも参考になる動画がありますが、こちらの動画は分かりやすかったのでオススメです。

打ち込みからリアルタイム演奏まで

私はこれまでリアルタイムで演奏をして録音をすることはほとんどありませんでした。 というのも何度も演奏し直すのが嫌だったからです。 しかし仕事をしていると時間管理法なども学んだ中で、「時間割引率」という言葉を知りました。

そして時間割引率が低い人(2)ほど、将来に価値を残す習慣があるという人です。

例えば

食事では、お昼ご飯に食べるものが1ではなく2の人

1 吉野家の牛丼、マクドナルドのハンバーガー、ラーメン、中華店、パスタ

2 大戸屋の定食、自然食品の定食、一汁三菜のバランスのよい食事

 

生活習慣では、15分時間が空いたら2の人

1 スマホでFacebook閲覧

2 ポッドキャストなどを聞きながら近所を散歩

 

時間割引率の高い人(以前の私)

  • 今が好き
  • なるべく簡単な方法を探す
  • 攻略本などが好き

しかし結果的に一時しのぎに過ぎないので、後で再開しようとしてもなかなか上達しない

 

これからは時間割引率の低い人を目指し、今まで敬遠していた演奏をはじめてみようと!

nanoPAD2を簡易楽器としてフィンガードラマーの練習を繰り返す

利点:場所を取らない。価格帯が安い。小さな子供がいれば一緒に遊べる。 ヘッドフォンをすれば周りに迷惑をかけない音楽は周りの人(家族)に気遣わないといけない(特に私のように都心の狭いマンションに住んでいると、、、)

MIDIキーボードも考えましたが、ちょっとそれだけで練習するのは難しそうなので、こちらを新しく挑戦してみます!

楽しい事がまっていそうな予感(笑)

 

Tagged on: ,