iPhone標準Apps ボイスメモをFacebook、Twitterに投稿する方法

iPhoneの標準AppsボイズメモではFacebookやTwitterへポストできない

iPhoneの標準Appsで簡単の音声ファイルを録音する事ができますが、シェアする事が意外とできませんね。。

メールでの添付やiMovie、iTunes U、Evernote、DropBox、Google Driveなどの保存先は表示されるのですが、写真では出てくるFacebookやTwitterが表示されません。

残念ながらボイスメモはSNSには対応していないようです。

他のAppsで出来ないか探してみました。

App Storeでボイスレコーダーで検索すると、かなりの数の無料Appsが表示されますが、どれも同じ共有項目でした

有料版のボイスレコーダーは試していませんが、FacebookやTwitterの投稿を見る限りでは音声ファイルの共有というのはなさそうです。

ですので、別の方法で投稿を出来ないかを探ってみました。

まず、SoundCloud(サウンドクラウド)

Soundcloudは音声ファイル共有サービスの会社として2007年から運営を行なっておりますが、TwitterやFacebookへの共有ができるサービスが売りなのですが、Mac/PCなどからであれば、Soundcloud.comから直接アップロードする事ができますが、iPhoneのSoundcloudアプリに直接録音できたり、投稿できる機能はなくなっているようです。(当初2010年までは存在していたようです。。)

しかし、他のサービスからSoundCloudに投稿できるボイスメモアプリがあれば、SoundcloudにアップロードしてそこからFacebookやTwitterに共有する方法があります。

そこでこちらのアプリを見つけました。

ディクタフォン- 音声レコーダー

 

無料版があるので、こちらをダウンロードしてみました。

iTunesやDropbox、Google Driveなどボイスメモと同じサービスがあるのですが、探していたSoundcloudへのアップロードができるようです!

 

 

しかし、無料版ではオーディオメモを共有する事ができません。。追加で機能を購入する事でファイル共有ができるようになります。 金額は240円なので、スターバックスのコーヒー1杯分より安いですね!

 

オーディオメモを共有する項目にFTPやHTTPもあるので、自分のサーバーなどにもあげる事ができますよね。

もちろんSoundCloudもあるので、アップロードしてシェアをする事ができます!

 

SoundCloudへアップロードしたオーディオメモを共有する方法は次のように行なう事ができます。

*Soundcloudへのアップロードは事前にユーザー登録(無料)が必要になります。 登録がまだの方はこちらのサイトに詳しい内容が載っていました。(Sleepfreaks)

アップロードされたファイルに「Share」があるので、クリックをしてください。

ShareにTwitterやFacebook、Google+等のアイコンがあるので、選択すると投稿できます!

 

まとめ

数多くのボイスメモアプリがあるのに、音声ファイルの共有ができないのには、何か理由があるのか謎のままですが、Soundcloudも経営的に非常に難しいというNewsを見た事がありますが、スピーチを共有するというユーザー層が動画を投稿するというユーザー層に比べて少ないという事ですかね?

普段はラジオ派の私にとっては映像を見ているよりも音声だけを流している時間が長いので、Webやスマホの世界でも地道に続いていて欲しいサービスの一つですね。

今回はシェアをキーワードに音声ファイル共有を調べてみました。

Tagged on: , ,