Mac版 GarageBandとLogic Pro Xの違いから弱みを強みに変える方法を考えてみました

Mac版のGarageBandの弱いところ

iOS版のGarageBandにはSmart Instrumentという非常に強力なツールがあるので、これまで一押しをしておりましたが、Mac版のGarageBandは他のDAWソフトよりも若干非力になってしまう所があります。

エフェクト・プラグインの量と質

これはミックスをする際にすごく不便であることがわかりました。

特にコンプレッサーなどの使用頻度の高いプラグインの効果が非常にわかりにくく、音を潰してしまう結果になってしまいました。

それとミキサービューがないので、バランスを取るのが多少慣れないとやりずらいです。

Instrumentの部分でみてみると、Drummerはありましたが、一部のシンセサウンドは残っているようですがAlchemyはiOS版にしかなかったのです。

 

各アプリケーションで補完し合うことでLogic Pro Xに対抗できるようになるか?

まず、Logic Pro Xの特徴を確認してみました。 ProToolsや7万円台後半、Cubaseが6万円台後半に比べて半分以下の値段である23,800円でこの充実ぶりはすごいです!!

  • iOS GarageBandと連携することができる!
  • プラグインとサウンドライブラリが充実
  • 15種類のインストゥルメント
  • TAB譜表示、楽譜表示

簡単な違いはこのような感じですが、一つ一つの充実していますね。

1つのDAWですべてが完結している仕様ですね。 ProToolsやCubaseなどの1つのDAWで完結するソフトウェアはありますが、デザインで考えるとLogic Pro Xは群を抜いて素晴らしいです!!

音楽を制作するのに重要な点はインスピレーションを表現できるツールが重要で、普段使っているiPhone(スマートフォン)などと連携できるのもAppleならです。

それでは、どのようにして他のアプリケーションと連携させてゆければよいでしょう。

まず、残念な点が一つ。。

Rewire機能がGarageBand 10から利用できなくなっています。

Rewireとは異なるDAWソフトウェア間でもオーディオファイルのやりとりができるようになり、今まではGarageBandのトラックにReasonのマスターアウトプット(ステレオアウトプット)が追加することができるので、2つの足りない箇所を補完しあえるとても便利な機能でしたが、2017年4月時点ではLogic Pro Xでしか利用できないようです。。(残念)

となると、やはりLogic Pro Xにあげるしか方法がないのでしょうか?

確かに私の使っているReasonにはこれまでRewireという恩恵もあり、他のDAWへシームレースで連携できていましたが、対応していないとなると、それぞれのソフトウェアで完結させてゆくしかなさそうですね。

 

Logic RemoteでMac版GarageBandを楽器としても最大限活用できる。

ところがGarageBandのホームページを見ていると、Logic Remoteの画面があるではないですか!

これならMixer画面もiOS GaragebandのSmart Instrumentも利用することが出来ました〜

(この日は朝から雨模様でiPhoneで写真を撮りましたが、かなり暗い感じになってしまいました。。すいません。)

 

Reasonとの連携は難しかったですが、これからLogic Remoteを使ってGarageBandの音源を使いこなして、オーディオファイルをReasonにインポートしてミックスするという流れになりそうです。 それが時間的に効率が悪いとなると感じたらその時がLogic Pro Xに乗り換える一歩になりそうですね!(その時はMacBookも買い換える時期かも知れないですね(笑))

 

Tagged on: ,