iOS GarageBandでナレーション録音をしてみる

iOS GarageBandでナレーション録音をしてみる

iPhone自体がレコーダーになるということはユーザーの方はよく知っているのですが、標準でボイスメモがあるのですが、録音中にモニター(録音されている音(声))が聞こえないので、どのように録音されているかが、分からないのが欠点であります。。 

学校の授業やセミナーなどの講師の録音などが大丈夫な場合、ボイスメモのような軽いAppsであればレコーダーとして録音できればということでモニターはさほど重要ではないのですが、自分の声となるとやはり録音されていることが気になります。

そこで同じく標準にインストールされているGarageBandを使って録音をしてみた感想です。

良い点:モニタをONにすると録音されている音が聞こえます。

悪い点:ダイレクトアウトではない分、若干の遅延を感じます。 

*ダイレクトアウトとはマイク入力された音がGarageBandのエフェクトやアウトプットフェーダーを無視して出力される音のことを指します。



つまり、マイク入力された音を直接モニタリングするのでエフェクト処理の時間やアウトプットフェーダーなどのレベル調整に必要とする遅延を受けることがない音を「ダイレクトアウト」いいます。

ですので、慣れが必要になってきますので、ボイスメモで仮に録音した音声を聴き直して、レベルなどに問題がなければボイスメモを使っても良いかも知れませんが、どちらも慣れが必要です。

GarageBandで録音をする場合には、まずはエフェクトをOFFにしてから録音を始めた方が遅延を感じにくく、自分の音を聞きながら録音することが出来ます。

 

ボイスメモ
GarageBand

今回の動画はiOS GarageBandでナレーションを録音をしたものをQuickTime経由で録画したものになります。 

Lightning Cable(ライトニングケーブル)をMacに接続をしてiPhoneの画面を表示することが出来ますので、とても便利です。

当初は何のためにあるのかなと思っていましたが、このような説明が必要な場合に動画にしてアップ出来るということだったのかも知れないですね(笑)

 

GarageBand以外にオススメの録音アプリ

有料のアプリなども販売されていますが、私がオススメする無料アプリは次の2つです。

ZOOM Handy Recorder

IK Multimedia iRig Recorder 

どちらも楽器メーカーからのフリーアプリですが、これらを知ったきっかけはそれぞれのマイクを購入したことがきっかけになっています。 

ZOOMではiQ6 

IK MultimediaではiRig Mic Lav

を購入して必要に応じて使い分けをしています。 

どちらの製品も 簡易マイクとしては充分な役割を果たしてくれています。

それらを支えてくれるのが、Handy Recorderであったり、iRig Recorderであります。

Handy RecorderはリニアPCMレコーディングが可能で48kHz/16bitリニアPCMでの録音が可能になります。 

どうしても小型のマイクになるので、音声が低く録音されてしまってパソコンのソフトを使ってゲインを上げるとそれに応じてホワイトノイズも持ち上がってしまいます。 

そこでVoice De-Noiseなどのプラグインを使う際に音質の劣化を最小限に抑えるためにもなるべく高音質で録音することが必要となります。 

iRig Recorderも同じように48kHz/24bit録音が可能でさらに動画までも一緒に録画できる優れものです。

まだ動画を一緒に撮ったことがないのですが、今度機会がある時には是非挑戦してアップします。 

ただ、アプリの評価にもありますが、編集機能があまり充実していないというか、音質がかえって悪くなるEQ補正などやエフェクトのみなので、レコーダーという役割だけにフォーカスをしておけばどちらのアプリも充分役割を果たしてくれて満足です。 

 

 

まとめ

iPhone Xが2017年11月3日に販売開始されて多くの機能が追加されていると聞いていますが、カメラや映像にばかりフォーカスされていて、オーディオについてはあまり多く触れられていません。。 

ですが、オーディオ(ナレーション)を含む音声で伝えるという方法は昔から続いており、これからも無くなることはありません。 

ですので、新しい改善点がないのであれば新機種が出たからといってすぐに飛びつくのではなく、そのお金があればマイクやマイクプリなどを購入してより良い音を旧式?のiPhoneで録音を楽しんだ方がいいかなと思っている今日この頃です。 

Recorderとしての機能だけではないですが、簡単にファイルシェアができるという点も踏まえて今後はLightning経由で録音ができる機材も視野に入れて負荷のかからないモバイル録音を探求してゆきます!