SUBTRACTOR シンセサイザーで音作りを覚えよう!

Reasonの初期から入っているSUBTRACTORポリフォニックシンセサイザー

シンセサイザーの基本の多くが詰まっているインストゥルメントを理解することで、音作りがより一層楽しくなりそうなシンセサイザーです。

SUBTRACTORには以下の機能があります。

  • 最大 99 ポリフォニック(同時発音)パッチ毎にポリフォニック数を設定可能
  • 高機能フィルターを 2 基搭載マルチモードフィルターともう一方のフィルターを組み合わせることで、複雑なフィルタリングを行うことができる– 32種類の波形を内蔵した2基のオシレーター
  • フリケンシー モジュレーション(FM)機能
  • フェーズオフセット モジュレーション様々な波形のバリエーションを生み出す、Subtractor のユニークな特徴の1つ
  • 2基搭載されたLFO(Low Frequency Oscillator)
  • 3基搭載されたエンベロープジェネレーター
  • べロシティコントロール機能
  • 広範囲に渡る CV/Gateモジュレーション

Reasonの面白いところは自分で音作りができること。

あらかじめに用意された音源でラフに曲作りをしたあとに上記のパラメーターを動かして自分なりのスパイスをつくる

それにユーティリティーにあるパターンシーケンスやアルペジエーターを加えることで、面白いメロディも加えることができます。

この点はReasonの強みですね!

 

 

Tagged on: